• 全国酒販生活協同組合
  • 全国酒販生活協同組合
  • 全国酒販生活協同組合

酒販生協とは

 昭和24年に消費生活協同組合法に基づき、厚生省(現:厚生労働省)の認可を受け、酒類小売業を営む免許業者を中心とした職域の組合として、営利を目的とせず、相互扶助の精神に基づいた組合員の生活の文化的経済的改善向上を図ることを目的として設立されました。酒販生協では、酒類業に携わる方々の財産を守り、安心をお届けするため、火災、風水害、生命の3つを保障する総合共済事業を運営しています。
 共済は、組合員が掛金を拠出し、不慮の事故等に遭われたときに、お互いの掛金で補償し合う助け合いの仕組みです。酒販共済をご加入いただくには、共済事業に係る共済掛金とは別に、初回加入時に出資金1口50円を納めていただき、酒販生協の組合員になっていただく必要があります。

 平成30年度より甚大な風水害を保障する風水害特約共済を開設し、酒販共済に付帯することができるようになりました。(ただし、酒販共済と同口数での加入となります。)

【酒販生協の概要】

名   称   全国酒販生活協同組合
事務所所在地  〒153-8640 東京都目黒区中目黒2丁目1番27号 ℡03-3714-0175
設   立   昭和24年4月30日(認可日 昭和24年7月28日)
出 資 金   17億1867万円(平成30年3月末現在)
事   業   共済事業 組合員及び組合従事者の組合事業に関する知識の向上を図る事業
        事業年度 4月1日から3月31日までの1年間

        保険代理募集事業
組 合 員   42,438人(平成30年3月末現在)

【酒販生協の概況】(平成29年度末)

共済事業の加入者数 19,606人
共済掛金収入額 3億4229万円
共済金の年間支払額 1億5174万円
将来への備え 23億1217万円
(内訳)共済契約準備金 7億1517万円
    法定準備金 9億7435万円
    任意積立金 6億2265万円
<共済金支払額>

  1億5千万円

<将来への備え>

 

 

23億1千万円


▼定款PDFはこちらから

定款
定款2017.pdf
PDFファイル 462.3 KB

プライバシーポリシー

  当組合では、組合員・利用者の皆さまからご信頼をいただけるよう、個人情報の取扱いに関する方針を定め、組合員・利用者の皆さまに関する情報の適正な管理・利用と保護に努めています。

【情報収集の目的】

 組合員・利用者の皆さまの情報の収集は、契約締結・維持管理、商品、サービスの提供のために必要とする最小限の情報収集とします。収集させていただいた情報は、共済事業・商品(当組合が団体取扱契約を締結している保険商品)・サービスの紹介等の目的のために利用します。

【収集・保有する情報の種類】

 当組合の事業利用に必要な情報として氏名・住所・性別・生年月日・職業などで、事業の契約または利用のために必要なものを収集しています。

【情報収集の方法】

 主に共済契約申込書・アンケートにより組合員・利用者の皆さまの情報を収集します。

【情報の共同利用】

 当組合は、共済契約の維持などを目的に、組合員が所属する小売酒販組合または酒販協同組合との間で個人情報につき、共同利用します。

【情報の利用・提供】

 当組合では、組合員・利用者の皆さまの個人情報を業務上必要がある場合にのみ利用し、次の場合を除いて、組合員・利用者の個人情報を利用したり外部に提供することはありません。提供の停止を請求する場合は本組合までお申し出下さい。
(1)組合員・利用者が了解・同意されている場合
(2)法令により必要と判断される場合
(3)組合員・利用者または公共の利益のために必要であると考えられる場合
(4)業務の一部に対し守秘義務を明記した契約に基づき業務委託を行う場合

(5)団体契約を締結している保険会社の保険商品の紹介等を行う場合

【情報の管理】

 組合員・利用者の皆さまの情報を正確かつ最新なものにするために、適切な措置を講じます。また、組合員・利用者の皆さまの情報への不正なアクセスなどを防止するために、必要な対策を講じます。さらに、外部に業務を委託する場合は、適正な取扱いを確保するために、業務委託先に対し個人情報の適切な管理を求めるとともに、必要かつ適切な監督を行います。

【情報の開示・訂正】

 組合員・利用者の皆さまからご自身に関する情報の開示・訂正の依頼があった場合は、本人であることを確認したうえで、特別な理由がない限り回答・訂正いたします。

〒153-8640 東京都目黒区中目黒2-1-27 TEL.03-3714-0175